買物への依存がある人は心の病になっている可能性があります

サイトメニュー

女性

依存症から抜け出すために

お金を使ってしまう病気というのは、自制をすることがとても難しい病気です。もし、買い物依存症で悩んでいるのであれば、できるだけ早く医療機関を受診し、適切なカウンセリングを受けながら治療を進めることです。
女性

治すことができる疾患

精神疾患の中にお金を使ってしまう病気があります。キャッシュレス決済も増えてきているので、管理ができなくて悩んでいる人もいるでしょう。まずは原因を追究して、その上で原因に対する治療を行っていく必要があります。

セルフチェックをしよう

電卓とお金

専門医による治療が必要かもしれません

24時間営業の店舗が増え、インターネットが普及した現代社会では好きなときに誰でも簡単にショッピングができます。物を購入するという行為自体が特別なことではなくなりつつあるのです。しかし物欲が満たされるまでの時間が短縮されることは決して良いことばかりではありません。購入することで幸福感を得ることがあたりまえになると、一種の依存が生じることがあります。日常生活の中では食べ物だけでなく、日用品などを小まめに購入することが必要ですが、依存症に陥るとそれだけでは済みません。例え、手の届かない高額な商品でも借金をしてでも欲しくなることがあります。同じような心理状態を何度もくり返すのは、もはやお金を使ってしまう病気です。そしてこのような買物依存症はお酒などの特定の物資に執着して量と回数が増えていくタイプとギャンブルなどのプロセスに依存していくタイプがあります。どちらも自制心が効かず、自己破産などに至るケースが殆んどです。このようなお金を使ってしまう病気は単にお金の問題だけでなく、心の病に進んでいくリスクもあるので注意が必要です。

買物依存症などのお金を使ってしまう病気になりやすい人の多くは虚栄心や劣等感を持ち、自己肯定感が少ないのが特徴です。さらに女性は買物好きという印象がありますが、衝動買いを続けるうちにお金を使ってしまう病気になる人も少なくありません。お金を使ってしまう病気を予防するには日頃からセルフチェック表を利用するのが効果的です。該当する項目を参考にしながら、自分を客観的に見るクセを身に付けていきましょう。そしてこのような症状を持つ人の中にはうつ病などの精神疾患を併発している人がいます。もし強い不安感や憂うつ感などの症状が長く続くようなら、精神科などで専門医の診察を受けることが必要です。1度こじらせると再発をくり返して完治するまで長い年月が必要になるので、できるだけ早く受診しましょう。大学病院や精神科のある総合病院なら高度な医療が受けられるうえに他の病気の検査も可能です。もし近くにそのような医療機関がなければ、かかりつけの病院に相談しましょう。必要に応じて適切な医療機関を紹介してくれます。

頭を抱える男性

お金を大切にするには

お金を使ってしまう病気になった場合には、準備として医療機関に行くためのお金を気にしておいた方が良いです。ルールとしては、自分の中でいくらまで使うと決め人に約束をすることが重要になります。この約束は可能な限り、大事な人とします。
聴診器

お金にまつわるトラブル

お金を使ってしまう病気では、いくらからが使いすぎなのか、その線引きは難しいものですが、トラブルに見舞われるのなら、心療内科などを受診したり、法律や相談機構を利用しましょう。第一に、お金を使ってしまうのなら管理することが大事です。
女医

浪費をしてしまう

お金を使ってしまう病気になってしまったなら、精神が安定するように気を付けて、日常生活をコントロールすることが大切です。孤独やイライラなどを緩和することで、お金を使ってしまう病気は改善しますから、あきらめないで治療するとよいでしょう。