買物への依存がある人は心の病になっている可能性があります

サイトメニュー

お金にまつわるトラブル

聴診器

治療より対策を考える

お金を使ってしまう病気にかかったとして、心療内科や精神科を受診しても、ケガとは違って治療そのものは内面になります。ですから、再発もなきにしもあらず、そのために解決する方法を考えることが必要になります。病院は、お金を使ってしまう病気で引き起こされた心の治療をする場所になります。ですから、使わない治療をする場所ではありません。例えば、デート商法ではお金を使って異性を振り向かせることもなきにしもあらず、しかし、婚約破棄などになれば、悩みに悩み、頭痛や吐き気など、現実を受け入れたくない拒絶反応が現れることもあります。その頭痛などを診る専門家ですから、デート商法に騙されやすいなら、そこを解決する方法を考えるのは医師でなく自分です。なぜ騙されるのか、なぜお金を使ってしまうのか、原因は自分にあるのか、相手にあるのかを考えることが大事になります。もちろん、悪質なものは罰することができます。ただし、いざトラブルが起きたときに、弱い立場にならないように気をつけましょう。

お金を使ってしまう病気があるとすれば、浪費癖からさらに深刻化した状況下にいる可能性も否定できません。もちろん、心療内科や精神科からは、セミナーへの参加も有りという声を発しています。お金を使ってしまう病気にかかっている『現状』を知ることもあれば、『過去』を知ることもあります。金融機関をはじめ、消費生活に関係する法人が開くセミナーは、大概数千円〜というのが相場ですが、この病気に関しては無料参加が可能です。お金を使ってトラブルに見舞われたのに、有料とするのは理不尽さが上げられているからです。また、子どももお金の価値が曖昧で、お小遣いを使ってしまい、親のお金を盗むことも考えられます。例えば、子どもの場合にはオンラインゲームで課金することがあげられています。だからこそ、サービスについて十分検討すること、保護者の同意がなければお金が使えない仕組みを必ず利用しましょう。必要な情報をきちんと収集し、活用する能力を身につけられるのは、やはり中学生程度の年齢からです。それまでは、プリペイド式で管理することが評価されています。